カードローン審査に通るためのポイント

最近の銀行カードローンは以前と比べていくらか審査に通りやすくなっています。
とはいっても、申込をすれば誰でも借りられるというものではありません。

 

審査が緩くなったと言っても、消費者金融に比べると厳しい感があります。
銀行カードローンの申込でやってはいけない事があり、それさえクリアすれば少しでも審査に通る可能性は高くなります。

 

銀行カードローンの申込条件

銀行カードローンは、低金利なので、出来れば利用したいと誰もが思っている事です。
最近の銀行カードローンは、正社員に限らずパートやアルバイトでも申込ができるようになっているので、窓口は広くなっています。

 

申込条件として「満年齢20歳以上65歳までの安定した収入が有る方」となっています。
基本はこの条件のほかに「指定した保証会社の保証が得られるかた」になっているので、審査は銀行と保証会社(主に同じグループ内の消費者金融)の審査を受けなければなりません。

 

審査で落される一番の原因は

審査に通らなかった原因でもっとも多いのが、申込書の記入ミスや、記入漏れです。
対面式の申込なら担当者と確認しながら記入できますが、インターネット申込をした時は、申込書の記入内容の情報で審査がおこなわれます。

 

申込書を送信してしまうと、訂正をすることが出来ません。
ウソを書いたつもりでなくても内容によっては「嘘の情報を書いている」と判断されることもあります。

 

スマホなどを使って申込みをした場合、入力ミスが多発しやすいので、特に注意が必要です。そういったミスをなくすために、送信ボタンを押す前に再度確認する事が重要です。

 

信用情報の利用履歴に問題が有る

初めて申込をするので、信用情報は作られていないと思っているかもしれませんが、クレジットカードやスマホを分割払いで買った人は、信用情報機関の個人情報が作られ、利用履歴がすべて記載されます。

 

案外、本人は関係ないと思っている方もおられますが、クレジットカードの支払いや携帯電話料金の延滞があれば、個人情報にその事が記載されています。

 

審査はそれらの情報を重視するので、利用履歴に延滞などと記載されていれば、担当者は「お金にルーズ」と判断してしまい、審査に通りません。

 

お金を借りる時は、お金の管理も心がけることがポイントです。