総量規制対象外のメリットは?

「総量規制対象外の銀行カードローンだから、年収の額を気にせず借入れができます」といった広告を見かけた事はありませんか。

 

最近ではカードローンに力を入れている銀行は、総量規制外をメリットの一つとしてアピールすることが多くなっています。総量規制の対象外のメリットとはどういった事を言うのでしょうか。

 

総量規制とは

総量規制は、消費者が借り過ぎないようにするため、貸金業者に制限を設けた法律です。

総量規制の主な内容は利用者の年収に基づいて融資額を制限するもので、具体的には融資限度額は年収の3分の1を超えてはならないとなっています。

 

年収による制限と借入残高の確認

総量規制では、融資限度額は年収の3分の1以内となるので、例えば年収300万円の人が消費者金融でお金を借りたい時、いくら多くても100万円が限度になります。

 

しかし、銀行カードローンは総量規制の対象外になるので、審査で貸しても大丈夫と判断すれば、100万円以上でも融資できます。

 

消費者金融で融資を申込む時、借入希望額が50万円を超える場合や、他社借り入れがありその借入残高と借入希望額の合計が100万円を超える場合は、収入証明書類を提出してもらい、年収の3分の1を越えていないかの確認が義務付けられています。

 

銀行カードローンは年収を確認する義務はないので、それぞれの銀行は年収制限がなく審査に通ればいくらでも融資が可能になっています。申込で書類が簡素化されるのもメリットのひとつと言えます

 

専業主婦のキャッシング

消費者金融で、無収入の専業主婦がキャッシングを始めるにはかなり厳しくなります。

しかし、銀行カードローンなら年収による制限は受けないので、審査に通れば銀行が専業主婦にお金を貸しても何の問題もありません。

 

実際に専業主婦でも可能と宣伝する銀行カードローンが徐々に増加しています。

 

審査難易度の高さ

できれば借入条件がよく総量規制の対象外となる銀行カードローンを利用したいと誰もが思う事ですが、実際は誰でも借りられるわけではありません。

 

審査は銀行が最も厳しいといわれており、ネット上でも銀行ローンの審査に落ちたという口コミも少なくありません。借入希望額が少なければ、借り易いだろうと思われがちですが、やはり銀行という事を考えると、それなりのステータスが必要です。