地方銀行カードローンの審査を受ける

地方銀行と聞くと地味なイメージと感じる方もおられます。
カードローンにしても、大手銀行と比べると、スペックが劣るように感じてしまう、という方も少なくありません。

 

しかし、実際にはそのようなことはありません。

 

大手銀行に比べて審査は少し緩いと言われていますし、消費者金融のキャッシングより金利は低くなっています。

 

地銀のカードローンスペック

カードローンの金利は、都市銀行も地方銀行もほとんど違いはありません

 

例えば、横浜銀行のカードローンの金利は年3.5%〜14.6%で、限度額は最大で800万円となっています。

 

上限金利で契約となっても14.6%の金利は、メガバンクの三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の年4.6%〜14.6%と比較しても、下限金利は勝っています。

 

地方銀行は地域密着型なので、支店などがある地域でないと利用しづらい、出来ないなどのデメリットはあるものの、地元の地銀のカードローンを使うつもりなら、それほど劣っているとは言えません。

 

審査で考慮される口座状況

地銀のカードローンの場合、その銀行で口座があり、お金の管理を口座でしている方は、カードローン審査の際にもプラスに働く傾向が強く、口座を持たない人に比べると優遇されるようです。

 

もちろん信用情報が真っ黒と言う場合は別ですが、ある程度の不安要素があっても、地元に住んでいて、給与も安定的に口座に入っている、現状の返済はとりあえず進んでいるのであれば、地銀なら審査で大目に見てくれる事もあるようです。

 

即日融資も可能な銀行もある

即日融資は、大手消費者金融や一部の大手銀行だけと思っている方もおられます。
しかし、地銀のカードローンも即日融資が可能なカードローンがあります。

 

たとえば、スルガ銀行カードローンは利用口座に指定はなく、当日12時までに審査を受けて、契約が完了すればその日のうちに口座へ振り込まれます。

 

このように地銀カードローンも独自のサービスを行っています。
最近ではインターネットを使って、全国規模で顧客獲得を目指している地方銀行もあります

 

地銀全体を調べるのは大変な事ですが、口コミなどを利用すればそれぞれの特徴もよくわかります。まずは地元の銀行カードローンから調べてみてはどうでしょうか。